MENU

YouTube

多様性を認め合える
~人に優しい政治を~

神奈川県第14区では、これまで本村賢太郎さんが野党(現在)の衆議院議員として活動していましたが、昨年(平成31年)4月に相模原市長へ就任しました。このことにより、野党系の議員や候補予定が不在となっていました。
この間、政治の師である藤井裕久先生や仲間である本村さん、後援会やご支援いただいている方々とご相談をして来ました。結果、皆さんのご理解と力強い後押しを得ることができましたので、新たな挑戦を決意しました。
日本を取り巻く国際情勢や国政における課題が山積している中、一強多弱と言われている現在の国政では、長期政権の歪みともいわれている状況などから、憤る事案が多数あります。原因の一つには、明らかに【多弱】と言われる野党側に問題があります。政権をしっかりチェックできる【強い野党】が必要であり、緊張感を持った国民目線の国政運営が求められます。そのことが、一部に偏った施策でない【多様性を認め合える~人に優しい政治~】へ繋がります。
これまで、藤井先生の秘書時代から始まり、相模原市議会、神奈川県議会で仕事をすることができたこと、少なからず地域での改革に成果を得ることができたことは、多くの方々に支えをいただいた結果です。この経験を礎に、もとより浅学非才でありますが、藤井先生・本村さんと繋いできた地域の思いや志を受け継ぎ、【この国の未来を築くために今】国へ!!

※強い野党とは、現在の政権に対しての意味です。政党は政権(与党)を目指すべきものであり、野党でいることを是としている意味ではありません。

旧津久井4町(藤野・相模湖・津久井・城山)地区の皆さんへ

神奈川14区について

まっすぐ未来へ!!長友よしひろ
2015年9月に国連サミットで採択された2030年までの国際目標である持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals:エスディージーズ)。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されています。「何かを選択するために何かを犠牲にする仕組みを変える」考え方です。
協力して知恵を出し合いながら、各課題に果敢に挑戦することが未来への責任に繋がります。神奈川14区から発信して行きます。

藤井裕久先生のメッセージ

PAGE TOP